そんなに甘くない

そんなに甘くない

世の中チョコのように甘いことだらけではないようです。

筑波山ナイトハイク!

こんにちはうぃたです。

筑波山ナイトハイクしてきました。with 同期と先輩。ナイトハイクは初めてだったのでワクワク。 出発は午前3:00。

スタート

まずは麓の筑波山神社にお参り。

そのあと、ずんずん登っていきます。 もともと他の山に登る予定でしたが、天気からこの山に変えたので、「ちょっと頑張ろう」ということで、ちょっと長めの「白雲橋コース」を選択。

こんな時間に電気ついてるんだ、とちょっとした驚き。

月明かりに照らされて。ふと休憩すると静寂と無が訪れ、心地よい風も吹き、とても気持ちが良かったです。

ヘッドライトでペットボトルを光らせ遊んでいる図。

登っている最中にどんどん空が明るくなっていく様がとても綺麗でした。見上げるたびに違う青になっていて、その度に鳥肌を立てていました。

山頂

登ること100分くらい。着きました。山頂。 すでに山頂には人が。行方の方から来たその人が言う分には「30分くらいはもっと幻想的な夜景って感じだった」とのこと。あとでインスタを拝見したらまさにそんな感じでした。

まだ青。夜明け前。 周り一面に雲海。 登頂のポーズをする友人。 だんだん色がついてきました。 雲がかっこいい。 左上の点は牛久大仏です。そのほかにもスカイツリーの先っぽだけ見えたりもしてました。 夜明け。また1日が始まります。

ここで先輩からコーヒーをいただきました。サイコーでした。

男体山(今回登った筑波山の女体山でない方)がかっこいい。 その後青空が。ちなみに彼が見つめてるのは関東平野です。つくば市とか新宿とか浅草とかその辺が雲に埋もれてます。 高所苦手なのにそんなところに立たせてすみませんでした。

下山

下山は「御幸ケ原コース」から。足がプルプル。そしてヘッドライトで制限されていた視界が広がりかなり楽になりました。ナイトハイク、気持ちいいんですが、ヘッドライトのせいで首が疲れるなという感じでした。 ただ、本当に気持ち良かったので、どんどん登りたいです。とは言っても、今年は無理そうなのでまた来年かな。